公務員試験に合格するためには、まず勉強方法の選択をしなければなりません。 勉強方法は、予備校に通って勉強するか、通信教育を利用して勉強するか、参考書を購入して独学で勉強するかの三通りです。 予備校に通ったからといって、必ずしも公務員試験に合格できるとは限りません。 しかし、疑問に思うことはすぐに聞くことができますし、他の人の意見も聞いたりできるため、効率よく勉強を進めていくことができるでしょう。 通信教育も親切な添削で、疑問に答えてくれたりします。 独学の場合には、わかりやすい使える参考書選びをすることが重要です。 いずれにしても、自分に合った勉強の仕方を選ぶことが大切ですね。 また、面接時には、否定的な言い方をするのは避けてください。 面接官への印象が悪くなってしまいます。 できるだけ肯定的な言い方をすることを心がけるようにしましょう。 衣服もきちんとしたスーツを着こなし、髪の色や髪型、アクセサリーなどにも気をつけてください。 仕草や話す時の態度なども、面接官は厳しくチェックしています。 誰かに面接官役をしてもらって、気になるところは指摘してもらい、直すようにしておきましょう。